忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近70年代以降の事が気になってきたので、ちょっと各時代論のようなものを読んでいた。
七〇年代:坪内祐三「一九七二」
八〇年代:吉崎 達彦「1985年」 堀井憲一郎「若者殺しの時代」

九〇年代は、ついつい2005年12月号「特集 1990年代論 規律から管理へ」を選んでしまったのだが…

読み通すことが苦痛だった。 社会党共産党新左翼の機関誌を読まされている印象。
というか、まぁね なんていうか 無惨な感じ。

同じ出版社の雑誌ユリイカはそれなりに時流に乗って、まぁ気になる特集もあるのに、何故こんな執筆者たちを集めてしまうのだろうか?
ニューアカのあとに人材・人脈が枯渇してしまったのだろうか?
古典的な左翼用語を使って、なにやら分析しているがまるで届かない。


冒頭の酒井隆史はドラマ「ケイゾク」を分析しているが、これがそれほど意味がある考察なんだろうか? 90年代を象徴するドラマだったのか?

平井玄は映画「赤軍ーPFLP 世界戦争宣言」から段ボールハウスペインティングなどを論じているが、自身の運動論に酔っているとしか思えない。 そんなに資本主義が嫌いなのか?

倉数茂、日本の言語空間と対置されるべき「アジア」の実態がまるで無いのではないか。理念の中にしか存在していない「アジア」
で、ググってみると1969年生まれかぁ。写真について論じてるのをちょっと読んでみたけれど、たいしたこと無い、ただの若手という印象。

渡辺治。60年安保の時に中2だったというから、もろに全共闘世代。
軍事大国化批判・新自由主義批判が未だに有効だと思っているとは

毛利嘉孝 1963 年生まれかぁ。
ダンボールハウスとフリーターがキーワードなのだが、なんかずれている。
なぜこんなに素朴に政治が語れてしまうのだろうか? 美術評論もやっているのは倉数と同じだけれど、政治と芸術を語る言葉がなぜこんなに素直に反戦・反政府にずれていくのだろうか? なぜ、こんな風に反戦運動を持ち上げることが出来るのだろうか?

それこそ、戦前に芸術家・文化人が総動員されたことのネガのようにも思う。

道場親信 1967年愛知県生 まぁ、こうやって経歴を調べていくと、年齢というのはそれほど意味がないという気がしてくるな。 92年の牛歩戦術に呼応してデモに参加か。
これは政治状況の記述としては、まぁ違和感がない論文。

山の手緑
1970年生まれ。『現代思想』『文藝』などでアクティヴでラジカルな発言で注目を集めるダメ連周辺の“共産党ユニット”。退屈お手上げ会議、自由民権運動・ラジカル九州、投票率ダウン・キャンペーン……ググって周辺情報から抜き出したが、ものすごく脱力する。何処がラジカルなんだろうか? 単純に馬鹿だろ。 なんで連載させてるの? 色もの担当?

そうかぁ、70年代生まれでもサヨクになれるんだなぁ。日本の「サヨク」の伝統はちゃんと継承されているのだなと、妙なところで感心する。
PR
          
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
映画情報 1960年の邦画「おとうと」
URL 2007/06/01 22:48
邦画ベスト1960年「おとうと」市川 崑 監督この年は、60年安保闘争で、日本中がデモの嵐が吹き荒れた国会デモ、6月15日美智子さんがその騒乱の中、なくなったことを忘れることが出来ません。このときには、参加しませんでしたが、国会デモを体験いたし...
古典映画 61年「名もなく貧しく美しく」
URL 2007/06/10 22:34
60年安保のあと・・・邦画ベスト 「名もなく貧しく美しく」60年安保の虚脱感のあと、こんな作品が生まれました。高峰秀子の旦那、松山善三監督(木下恵介の一番弟子)の作品「名もなく貧しく美しく」です 高峰秀子 タカミネヒデコ (片山秋子) 小林桂樹 コバヤシケイジュ (片山道夫) 島津雅彦 シマヅマサヒコ (片山一郎(一年生)) 王田秀夫 (片山一郎(五年生)) 原泉 ハラセン (秋子の母たま) こんな俳優で、聾唖者家族が生きていく苦難とその生活の美しさを描いた映画で...
古典映画 黒澤明の弟子岡本喜八監督作品
URL 2007/06/19 21:37
古典映画「日本のいちばん長い日」 8月15日天皇玉音放送「日本にもう戦う力なぞは・・・」(石黒農相)「天皇および日本国政府は連合国司令官にサブジェクト・トゥするとなっておりこれは隷属であり絶対受諾など出来ません!」(畑中少佐)「戦争が継続...
黒澤映画「天国と地獄」テレビでリメイク
URL 2007/06/27 02:07
 黒澤明監督「天国と地獄」がテレビドラマ化黒澤映画のリメイク「天国と地獄」が撮影に入ったそうです。あなた、私はすごい興奮しています。大学の映研時代、黒澤映画の批評しか書かなかったことを思い出しました。なぜか、山本周五郎の小説と黒澤映画しか...
Copyright ©  -- 倫敦橋の隠れ里 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]