忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「黄泉の犬」やweb日記についての疑問・質問について、藤原氏が見解を公表しています。

私のことや、田口ランディ氏のことは余計な事かもしれないけれど、とりあえず経過を記録。 


『日常生活を愛する人は?』-某弁護士日記 (滝本太郎弁護士のblg)に書評がエントリーされる。

2006/11/28 「備忘録 麻原彰晃の誕生」
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/332.html
2006/11/29 「備忘録 黄泉の犬」
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/333.html

藤原新也氏のサイトを見に行った。 関連するエントリー

Shinya talk
http://www.fujiwarashinya.com/talk/index.php?mode=cal_view&no=20060831
http://www.fujiwarashinya.com/talk/index.php?mode=cal_view&no=20061027
http://www.fujiwarashinya.com/talk/index.php?mode=cal_view&no=20061114
http://www.fujiwarashinya.com/talk/index.php?mode=cal_view&no=20061119(後に削除される)
http://www.fujiwarashinya.com/talk/index.php?mode=cal_view&no=20061130

これらを読んで以下のエントリーを書いた

最近のオウム研究本の事実関係論争
http://londonbridge.blog.shinobi.jp/Entry/236/

オウム擁護のレトリック
http://londonbridge.blog.shinobi.jp/Entry/237/


田口ランディ氏の書評を読む

黄泉の犬 藤原新也
http://runday.exblog.jp/4953124/
「衝撃的な素晴らしい本だった。」


それを踏まえて、こう書いた。

【書評】麻原彰晃の誕生 / 高山 文彦
http://londonbridge.blog.shinobi.jp/Entry/275/
「田口ランディはさらに『黄泉の犬』での水俣病への視点を絶賛している。」


そうしたら田口氏からのご返事かしらん?

わからないことは、わからない。
http://runday.exblog.jp/5227501/
以前に、藤原新也さんの「黄泉の犬」について書いたが、それに対してある方が「田口ランディは、水俣病と麻原彰晃を結びつける視点を絶賛している」

と、指摘している。そのことにうんざしているらしいが、これは間違いだ。
この点に関して、絶賛などしていない。
でも、そのような視点をもつことの意味も考えていいと、思っている。

先日も、藤原さんとお会いしたときに私が言ったのは、
「麻原彰晃と水俣病を結びつけると、あまりにもうまく噛み合いすぎて気持ちが悪い。なにかひっかかるが、なにがひっかかるのか自分でもまだよくわからない。このことはもっと考えてみる必要があると思っています」
 ということだった。
 
 たとえばこの方の、「絶賛」という言葉の選び方に、なにかとても偏見を感じる。
 だから、そうではありません、と、はっきりと言っておく。


「ある方」というのは誰なのかなぁ、と思いつつ経過をまとめる。


田口ランディ氏はココを読んでいるのかな?
http://londonbridge.blog.shinobi.jp/Entry/284/
(この後、blogの引っ越しをしたため、リンク修正を兼ねて、このエントリーを書いている)


滝本太郎弁護士が、「黄金の犬」やネットの日記に関して藤原新也氏に質問メールを送る。

2007/1/2「藤原新也さんに」
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/351.html


1月前半は藤原新也氏について、あれこれ書いていた。
カテゴリー「藤原新也」
http://londonbridge.blog.shinobi.jp/Category/12/

2月25日、なんとなく確認のため藤原氏のサイトを巡回。 日記が密かに削除されてるのを発見。 滝本弁護士のblogにコメントしたりする。


藤原新也がオウムに関して発言した日記を密かに削除
http://londonbridge.blog.shinobi.jp/Entry/337/


「藤原新也さんの妄言」
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/408.html


森達也が早川被告の手紙を月刊プレイボーイ5月号で公開。
「黄泉の犬」を読んだ感想や、水俣病について少々言及あり。


「月刊プレイボーイ-5月号」
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/414.html


「A3」の早川紀代秀からの手紙
http://londonbridge.blog.shinobi.jp/Entry/346/


藤原氏が、日記削除についての読者質問メール応答を公開

Shinya talk 4月23日「ネット上の情報の一人歩きほど怖いものはない」
http://www.fujiwarashinya.com/talk/index.php?mode=cal_view&no=20070423

2007/4/26「お詫びと、まだそのままにしておきます」
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/427.html


PR
いやあ……
投稿者:美也子 2007/04/26 17:16 EDIT
オウムをテーマにした本を書いている藤原氏が
滝本弁護士を知らないということに驚きました。
藤原氏の調査力や問題認識って……
「ネット世界を知らない」云々ではないですよね。
素っ頓狂
投稿者:BigBang 2007/04/26 20:56 EDIT
なんですよね。藤原新也氏って。若いころはあれが魅力だったんですけどね。思えば周辺を十分に取材すれば、ああいう文章は書けないわけです。伊東乾氏に通じるものがありませんか。
あ~ぁ、と失望
投稿者:倫敦橋 HP 2007/04/27 00:10 EDIT
藤原氏は、滝本・有田・江川 各氏を「ワイドショーでオウムを糾弾していた人」と一括りにしか認識してないんじゃないかなぁ。
あ~ぁ、と失望。

伊東乾氏とは、また別のタイプじゃないかなぁ。 エリートと荒野の狼だし。
でも、自分語り(かなり脚色ありそう)するところには、似たような傾向があるのかも


ところで、最近2chで覗いてるのは、一般書籍板の藤原新也・森達也スレ、民族神話学板の中沢新一スレ。 哲学板の中沢スレは、この間落ちた。
          
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
あのリア・ディゾンが恋していた芸能人がいたっ!?しかも失恋しちゃったみたい。
URL 2007/05/15 14:35
グラビア界の黒船と呼ばれるリア・ディゾン(20)の勢いが止まりませんね。 彼女の写真集は17万部も売れているとか。 それに、メディアへの露出度がハンパじゃありませんよね。今日発売の「週刊現代」さんも、人気俳優・松山ケンイチとリア・ディゾンの意外な関係を掲載。 連ドラでは苦戦中の松山ケンイチですが、なんと、あのリア・ディゾンを・・・続きは↓ 【芸能プロダクション関係者の話。】 「来日してからも、リアの松山への想いは衰えませんでした。所属事務所の社長に、何度か『カレに会いたい』と願
Copyright ©  -- 倫敦橋の隠れ里 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]