忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

狭義の団塊世代は、1947年(昭和22年)から1949年(昭和24年)の3年間に生まれた人たち。
1948年優生保護法成立以降、1959年までのわずか10年間で出生率は人口千人当たり30人台からわずか10年で15人程度まで、「合計特殊出生率」(1人の女性が一生の間に生む子供の数)は4.32人から2.04人へ低下しました。
「家族計画」が大成功。







団塊世代の母親は当時の10代後半方〜30代前半、つまり大正末から昭和初めに産まれています。 西暦だと1920年代前後。 多産多死から多産少子へ移行しつつある時代です。

兄弟姉妹は4人以上は普通で、夭折した身内がいるのも普通。 人口圧力のため、親戚知人のなかに海外雄飛というか、満州・ハワイ・南米移住した人も多い。

「産児制限」は1920年代から日本でも議論され始めています。 優生学の影響がかなり強い。
1939年に「産めよ殖せよ国の為」と号令がかかるけれども、特に産児制限の議論は「弾圧」されてはいません。
「量より質」じゃないか、という雰囲気も有ったためらしい。

つまり国策による

多産多死→多産少死→戦争→超・多産少死→少産少死

という流れを一代で目撃・体験している世代ともいえる。
子供は「さずかる」ものではなく「つくったり、つくらなかったり」するモノだという意識は、この世代から一般化し始めたのだろうな。



表は経済企画庁 国民生活白書から

平成6年 国民生活白書
高齢化と各世代との関係
http://wp.cao.go.jp/zenbun/seikatsu/wp-pl94/wp-pl94-01201.html

平成10年 国民生活白書
人口増加時代の終了と人口の年齢構成の変化
http://wp.cao.go.jp/zenbun/seikatsu/wp-pl98/wp-pl98-01101.html
PR
          
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
もはや「団塊様、お断り」
URL 2007/05/16 16:31
“移住景気”を喜べない石垣島の苦悩那覇市の南西、約400km。世界有数の珊瑚礁とエメラルド色の海に囲まれた沖縄・石垣島は、癒やしを求める都会人に人気の観光スポットだ。この「美(ちゅ)ら島」で今、深刻な問題が持ち上がっている。大量定年期に入った団塊世代を中心とする都市部からの移住者と地元住民とのあつれきだ。人口減に悩む地方自治体にとって、団塊世代は大切な“お客様”のはずだが、石垣島では逆に「団塊様、お断り」の空気が強まっている。
団塊世代は地方に移住するか3
URL 2007/05/20 21:18
読者の皆様はゴールデンウイークをどのように過ごされましたか。旅行を楽しまれた方が多いと思います。国内外の観光地を旅行していると、たくさんの熟年シニアに会います。夫婦連れで来ている人もいれば、配偶者を連れずに単独あるいは気の合ったグループで来ている人もいます。中には既婚の娘と孫を連れて旅行を楽しむ夫婦あるいはご婦人を見かけます。娘さんの旦那さんは仕事が忙しくて同行できないのでしょうか。熟年シニアの老後の楽しみの一つは気ままな旅行でしょう。1990年代に入ってバブルが崩壊して、安...
団塊、熟年自分発見の旅行
URL 2007/05/25 23:15
団塊熟年、自分発見の旅 団塊熟年の旅行旅は、必要のために出かけるものから、未知のものに興味を感じたり風物に情緒を求め、こころを楽しませ充足させるものへと変わりつつあります。人間のこころに心地よい気分を与えることによって旅の価値が決まるとすれば、それは芸術の世界には入る事です。そう考えると、音楽や絵画のように、すばらしい旅もまた生涯こころに残る、楽しく感動的な体験になるのは当然です。シニアの旅箱のように変わり受け止められるのです。 凄まじい勢いで変貌する時代、人々の旅ごころがい...
マザーズサロンがハローワークにお目見え
URL 2007/05/30 14:23
12歳以下の子どもをもつ女性が利用できるマザーズサロンが都市のハローワークにお目見えしています。 子育てをしながら就職を希望している方に対して、子連れで来所しやすい環境を作り、個々の希望やニーズに応じたきめ細かな就職支援を行うため、平成18年4月から全国の首都市に設置されてきています。まだまだ、地方までは無理のようですが。 そこでマザーズハローワークが設置されていない地域においても子育てをしながら再就職を希望する方が多数存在していることから、マザーズハローワークが設置されてい...
自分のために出来る時間預託貯金してみませんか
URL 2007/05/30 16:08
自分の老後のために出来るボランティアを紹介します。NPO法人NALC(ニッポン・アクティブ・ライフ・クラブ)ボランティアで自分のキャリアや特技を活かして、サービスを提供して、その提供した時間を1時間単位を1点として貯金ができ(時間預託制度)、たまった貯金を老後に使えたり、遠く離れていて世話してやれない親のために、変わりに世話してもらうことが出来ます。NALCに入会するのに、特別な資格はなく、誰でも入会することが出来ます。(年会費3、000円)受けられるサービスは、 ・オ...
団塊の未来 団塊論者堺屋太一予言
URL 2007/06/03 01:41
団塊(だんかい)が時代を変える 予言・予測団塊(だんかい)が作る10年後の予言・予測。団塊(だんかい)論者堺屋太一(さかいやたいち)さんの未来予言・予測を、 堺屋さんの黄金の十年から 「平成の日本病」 ①外交四面楚歌 ②財政赤字の垂れ流し ③官僚組織の硬直化 ④人口の少子高齢化 この病気から抜け出すのには、団塊(だんかい)世代が文化を変えることでできるというのです。 まず、この行き詰った状況社会では、権力権限を持った人=主に官僚はけして幸せでない、 太平洋戦争末期の...
団塊世代はなぜ音楽を習うのか
URL 2007/06/05 01:11
団塊世代が音楽界に進出 体験型の音楽参加今年は、ビートルズの来日から40年目。近年は、団塊世代を含めた中高年世代において、音楽への新たなアプローチが広まっている。いちばん大きな変化は、自ら演奏して楽しむ方向へ大きくシフトし始めたことだ。「参...
団塊の未来 経済と文化社会を作る
URL 2007/06/07 22:19
団塊が未来を作る、堺屋太一の予言「団塊世代が日本のイニシアチブを徐々にとり始めたのは1970年代から1990年代だろう。 この連中は自分達で、高度経済成長をささえたと、ほざいているが、実際にはウソ八百。 昭和30年代の高度経済成長を支えたのは明治・大正時代に生まれた戦中世代であり、団塊世代が20歳を迎えた1970年はテロが吹き荒れていた。 赤軍派、革マル・・・全共闘世代…つまり、平和な時代に無差別殺戮を行い、反社会テロを次々と起こしてたのはこの団塊世代だ。 さらに80年代には...
団塊世代 平成30年予言を読み始めました
URL 2007/06/17 22:04
団塊の未来予言 堺屋太一「平成三十年」団塊世代(30年前の小説)文庫本より2倍の小説、「平成三十年」上下巻文庫本今日手に入れました 。「何もしなかった日本」から始まる予言的小説の始まりです。登場人物織田、木下、斉藤、明智、浅井、細川など...
団塊・シニア・熟年 未来予言 堺屋太一
URL 2007/06/18 20:51
団塊の未来予言2 堺屋太一「平成三十年」団塊・シニア・熟年そんな言葉で呼ばれる高齢者たちの時代が希望に満ちた時代であると堺屋太一さんは言っています。団塊世代の 約10年後「平成三十年」堺屋さんの本です。少しずつ読み進みながら、あなたに内容を...
シニアの旅行、シニア世代の贅沢
URL 2007/06/19 19:28
シニア世代の旅行感 シニアは何に満足するか堺屋太一さんの「高齢化大好機」によるシニアの旅行意識は、各世代が持つ贅沢感の違いにあるといいますこの分類によると、高齢者は自我が通せて気ままに振舞い、自分だけの満足感を大切にする...
団塊シニアの好む旅行とは
URL 2007/06/25 20:03
団塊・シニアが選ぶ旅行シニア向けの海外旅行で人気があるのはどこでしょうか?ということで、簡単に調べた結果ですが、やはり世界遺産をめぐる旅行が多いようです。国内旅行になると、温泉の人気は今だ健在です旅行の目的について、観光や温泉・リゾート目的が最も多かったのですが、今後の旅行の目的としては、国内外ともに語学や習い事などの学習目的も徐々に増加する傾向にあります。過去1年間に旅行したことがある回答者における旅行時の情報収集方法については、Webサイトやブログ利用者は21.3%、今後...
Copyright ©  -- 倫敦橋の隠れ里 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]