忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マスコミに潰されたということかなぁ?
持永哲志氏の記者会見の報道は、いまのところこれだけかな?

「約束は」無念の持永氏 東国原知事、断念伝える
http://www.the-miyanichi.co.jp/domestic/index.php?typekbn=1&top_press_no=200702090109

 先の知事選に立候補、落選した後、副知事就任が取りざたされていた元経済産業省課長の持永哲志氏(46)は9日、都城市内で記者会見を開き、東国原英夫知事から選任断念を伝えられたことを明らかにした。

 県民の中に賛否両論があるが、反対意見は拒絶反応に近く、選任が見送られたという。持永氏は「県民の役に立てるなら、と思って引き受けた。残念だし、寂しい」と無念さをにじませた。

 就任要請を白紙に戻されたことについては「残念だ。約束をほごにされた」としながら、「当初とは状況が異なり、非礼とは感じていない。県民の意識を重んじているのだろう」と淡々と語った。 

 持永氏によると、就任要請があったのは選挙直後の1月23日。宮崎市内で東国原知事から「宮崎は大変な時期にあり、県民総力戦で立て直したい。経済活性化を全力でやってほしい」と求められ、29日に承諾した。

 しかし、今月5日以降、「反発が強いので考えさせてくれ」と2、3回電話があるなど状況が変化。8日夜に「うまくいかないので、お断りしたい。申し訳ない」と断念を伝えられた。

【写真】「残念だし寂しい」。会見で無念さをにじませる持永氏=9日午後、都城市


100人のアンケートとはいい、6割が賛成と報じた宮崎日日新聞としては「反対意見は拒絶反応に近く」と書くしかないだろうな。

こっちの記事にも注目。
宮崎・東国原知事、持永氏の副知事登用断念…県民批判考慮
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_07020952.htm
関係者によると、東国原知事が8日夜、持永氏に登用を断念したと伝えた。
県民らからの反発が強いことや、持永氏が土、日曜日に公務がない限り家族がいる東京に行きたいと要望していたことに対し、公務の支障になると判断したと、理由を伝えたという。

ここが知事が断念した一番の原因のように感じる。
議会対策などでは有効な手だろうけれど、地元に住まない副知事登用が今後県民の批判の的になるのは時間の問題だろう。
県民の支持率のみが頼みの知事としては、庇いきれない、というか筋が通らなくなる。

離婚して、宮崎に骨を埋めますと言い切った東国原知事との差が際だつばかり…
…というか、この報道が正しいならば、持永氏の政治的センスは皆無だな。
いまだに中央官庁出身者が地元に派遣・出向されたという感覚のままなのだろうか? 謎だ?

せっかく知事が「総力戦」という名目をかかげ、鳥インフルエンザなどで大変な時期というのに…


東知事の名刺は折らない…NewsX
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070129-OHT1T00118.htm

名刺折りパフォーマンスの元長野県職員藤井世高さんが新知事にエール。
相談役として登用なんてことはないかなぁ? 知事は何をしてはいけないのか、というアドバイスをもらったほうがいいような気がするな。
PR
          
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
東国原 知事 宮崎 人気 ☆ 東国原 知事 オススメ 宮崎 の 味 商品
URL 2007/05/03 17:11
東国原 知事 いろいろ頑張ってますね~東国原 知事  そのまんま東の時よりも露出が多いですね~それは、東国原 知事 が頑張っている証拠ですね。東国原 知事 もはや『東国原』という名前は全国区ですよね。東国原 知事 としての経済効果は県民の予想どおりあっ...
男性の結婚が早い県
URL 2007/06/25 07:06
男性の結婚が早い県のランキング1.宮崎県2.佐賀県3.山口県3.香川県3.愛媛県宮崎県人は、おおらかでいい人が多いですよね。純朴というか、一般的には、恋愛=結婚という考えのようです。太陽のタマゴ西都産完熟マンゴー【青秀】特大3玉入り 2kg日本農業賞受賞
Copyright ©  -- 倫敦橋の隠れ里 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]