忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1996年4月24日、オウム真理教(現・アレフ)麻原彰晃こと松本千津夫被告の初公判に際し、朝日新聞夕刊に掲載された連合赤軍事件の坂口弘死刑囚の手記。
当時逃亡中の林泰男に宛てた手紙です。


オウム信者へ「早く目を覚まして」

この手紙が、あなた<オウム信者のこと>を始めとする潜伏中の皆さんの目に触れることを念じつつ書いています。

かつて、重大な過ちを犯した人間である私は、地下鉄サリン事件など一連の事件に関与したオウム真理教信者の方々に対し、痛ましい思いで深い同情を禁じえません。

あなた方は、サリンをまくためにオウム真理教に入信されたわけではないでしょう。また、地下鉄サリン事件を立案し、計画したわけでもないようです。教団の中にあって、たまたまその地位や立場が悪かったために指名手配され、実行に関与することになったのです。私自身の経験から、組織の中にいて、そのような指示を容易に拒めるものではないことはよくわかります。

僧侶の林さん<泰男容疑者のことか>と左翼の私とは、住む世界が異なりますが、それにもかかわらずお互いによく似た傾向があることに気づかされます。それは、カリスマ性をもつ指導者への帰依です。かつての私は、この傾向が人一倍強い人間で、恋も及ばぬほど熱烈に指導者を愛し、忠誠を誓い、この人のためなら死んでもおしくないとまで思っていました。

この盲目性から私は、組織が始めた武装闘争に加わり、獄中にいた指導者の奪還を企てたのですが、これが武器のエスカレートを招き、その過程に脱落した仲間を口封じのために殺害し、さらに、目的を変じて、山岳ベースでの大勢の同志殺害からあさま山荘でのろう城発砲へと、命がいくつあっても足りぬ罪を重ねてしまいました。

過ちに気づいたのは逮捕されてからでした。国内外の激動した情勢に、どうも自分たちの武装路線は適合していないのではないか、という疑問が芽生え、この疑問をつきつめてゆく過程において、なおも路線を堅持する指導者と衝突しました。そして、激しい論戦を経て、ようやく武装路線から脱却できたのです。

この体験から私は、自らの行為に疑問や迷いが生じた時には、何にもまして実感を大切にしなければならない、と心するようにしました。自分の心に感じたものにこだわり、それがスッキリするまで、しつこいように追求してゆく、ということです。

教団の中で、求道のため、麻原さんの指示を率先して実行した井上嘉浩さんも、今私と似たような体験をされているようです。

彼は、麻原さんの指示を実行していても自分の心は解放されず、かえって暗くなってゆくのはなぜか、という疑問にこだわったそうです。逮捕後、これをつきつめていった結果、一連の事件は麻原さんのエゴの実践に過ぎなかったとの結論に達し、法廷で麻原さんと対決してゆく意志を表明されました。

手段が悪いのは目的が悪いからだ、という言葉があります。実感を大切にされ、ご自分の判断で運命をひらいて下さい。

<>内は新聞社が書き足し。



この手紙とオウム事件の関連について、某巨大掲示板で話題になっていたものを、以下に抜粋します。
525 名前:朝まで名無しさん sage 投稿日:2006/06/10(土) 07:33:01 ID:ejjPMGKA
ttp://members.goo.ne.jp/home/bodhicarya

プロフィールに、ヴァジラヤーナ・サッチャの編集をやってたと書いてるから、松永の知り合いだよね。
アーレフとは無関係だとは言うけれど、ブログの内容は現役信者みたいに見える。
松永がアーレフを脱会したと言うのも、この人と同じようなもの?


526 名前:朝まで名無しさん sage 投稿日:2006/06/10(土) 08:09:17 ID:2d0KwXGy
>>525
こっちがブログ。過去ログも全部こっちらしい。
http://blog.goo.ne.jp/bodhicarya

うーん・・。
客観的には、まだ麻原に帰依しているとしか見えない。
「グルとの合一は衆生との合一」って。
これが麻原のことなら、理論的には完全帰依だけど。
仏教神秘主義はよくわからないが、普通の神秘主義ならそうだよ。
合一の対象は、創造主だもの普通。

2004年の9月、尊師尊師と堂々と言うことにしたとか書いてある。
・・・心の中は誰も裁けないがそれを公的な場で言明することはまた意味が違う。
この無神経さは、なんとも・・・



528 名前:朝まで名無しさん sage 投稿日:2006/06/10(土) 09:25:41 ID:2d0KwXGy
寒々とした話題で済まんが、少し引っ張る。

http://blog.goo.ne.jp/bodhicarya/e/a5113da9d2144e4e77c4a754ddb6e235
@@@

麻原開祖やオウムというのは、日本最大の「心の鏡」なのかもしれない。
麻原開祖やオウムほど、非難される対象もないだろう。麻原開祖やオウムを
いくら非難しても、だれもとがめない。事件の実際の被害者の方は別として、
直接関係ない人達が、まるで自分は何の罪も犯したことのない正義の権化の
ような顔で、徹底的にオウムをたたく。しかも、インターネットなどを見て
いると、開祖やオウムへの批判の仕方やポイントが、皆、違っていておもし
ろい。
それは開祖やオウムがそれだけ多くの要素を有していたということでもあり、
皆のさまざまな悪業を写し出すだけの許容量を備えた鏡であるということも
できる。
そういう意味では、「オウムは日本の鏡」という言い方は正しいのかもしれ
ない。それは、日本の悪いところの集大成としてオウムが現われたという意味
ではない。日本人が遠慮なくいくらでも悪口を言える、逆に言えばそれを言う
者たち自身の心の汚れを十分に表現できる鏡だということである。

@@@

「事件の実際の被害者の方は別として、直接関係ない人達が、まるで自分は
何の罪も犯したことのない正義の権化のような顔で、徹底的にオウムをたたく。」

・・・松永も言ってたが、これは教団共通のレトリックだったのか。
なんとなく、徒労感。


532 名前:朝まで名無しさん 投稿日:2006/06/10(土) 10:07:08 ID:JgIJg0tS
>528

松永・泉・R30対談での、佐々木氏の開口一番の発言。
これとも重なる。

>90年代新聞社でオウム真理教の取材をずっとしていたので、ちょっとヒトゴトでは
>ない気がするもんですから、聞きたいことはたくさんあるんですよ。単刀直入に個
>人的な意見を言うと、松永さんはかつてオウム信者であったということを表にしな
>い状態で民主党の懇談会に出たということを批判している人はたくさんいる。
>でも、僕個人的には、事件の加害者として訴追されているとか、そういうことであれ
>ばともかく、一出家信者として活動していたこと、しかも今は事実上教団にいないっ
>ていう段階で、それをわざわざ公にする義務があったのかどうかはかなり疑問を抱
>いていて、それは憲法に書かれている信教の自由の侵害じゃないかという意識がす
>ごくあるんですよ。そういうことをあまり言うと叱られそうな気がするんですけど、それ
>についてどうお考えなのか、そこら辺から。


533 名前:朝まで名無しさん sage 投稿日:2006/06/10(土) 10:14:29 ID:f87xI+fN
結局こういう一般化、相対化することで
それをすり抜けるオウムのような存在が出てきて
最終的には規制が先鋭化しちゃうんだよな。

あと、気になるけど信教の自由ってカルト宗教にも当てはまるものなの?


534 名前:朝まで名無しさん sage 投稿日:2006/06/10(土) 10:16:18 ID:2d0KwXGy
>>532
「直接の加害者でなければ非難できない」というレトリックね。
これは、滝本弁護士が「日本全体が狙われていたのだから、日本全体が被害者」
とインタビューで力強く否定している。

むやみにバッシングするな、というオウム擁護は文化人に共通してるけども、
「直接の加害者」というキーワードは・・・やっぱり、何かマニュアルがある
気がする。


535 名前:朝まで名無しさん sage 投稿日:2006/06/10(土) 10:25:11 ID:2d0KwXGy
>>533
観察処分中の団体だし、宗教団体ではない。犯罪をかつて犯した組織として捉えるべき。
政治懇談会に出席するのは、さすがに問題となるし、それを宗教の自由の問題に
するのは論理のすり替え。暴力団でも当然問題にされるはず。
内心の自由はもちろん認められるべきだが、こういう政治活動にかかわることは
道義上からも許されない。


538 名前:朝まで名無しさん sage 投稿日:2006/06/10(土) 11:03:49 ID:8fxCaWgI
レトリックとしては連合赤軍の頃から有ったような気もする。


539 名前:朝まで名無しさん sage 投稿日:2006/06/10(土) 11:20:17 ID:D1Byz+gt
>>538
そうやって、他のカルトから、イラク戦争、第二次大戦と
適用例を増やして相対化、一般化の道をたどり
人間は等しく原罪を背負っているとの結論に達する。


540 名前:朝まで名無しさん sage 投稿日:2006/06/10(土) 11:34:49 ID:2d0KwXGy
>>539
そのシナリオも松永が作ったんだろうか。
読んでみたいような、みたくないような。
R30や佐々木、歌田もそれに沿って発言しているのか?
スイス防衛なんたらじゃないけど、冊子にでもなってるんだろうか。
(と話振っといて悪いが、寝るわ 終わんね ノシ)


541 名前:朝まで名無しさん sage 投稿日:2006/06/10(土) 11:43:24 ID:D1Byz+gt
>>540
乙カレー

この人間社会の事象で共通点の無い物等存在しないのに

あえて共通点を検証しつつ
オウムの特異な点をぼかすことが、
アレフブロガーのネット上での任務なのだ 

566 名前:朝まで名無しさん sage 投稿日:2006/06/10(土) 16:38:45 ID:yhY+Re/v
>>540
松永の『オウム・アレフ(アーレフ)の物語』は、連合赤軍の坂口弘から多くを学んでいるだろうね。

ttp://www12.ocn.ne.jp/~chi0010/sakaguchi.htm
『オウム信者へ「早く目を覚まして」』という手記のなかの

>あなた方は、サリンをまくためにオウム真理教に入信されたわけではないでしょう。
>また、地下鉄サリン事件を立案し、計画したわけでもないようです。
>教団の中にあって、たまたまその地位や立場が悪かったために指名手配され、実行に関与することになったのです。

これを参考にして、以下のような書き方になったのだろう。

> オウム真理教は、いつの間にか「テロ組織」として認定されていた。だが、これは理解していただきたいところ
>だが、テロリストになりたくて、あるいはテロを起こすためにオウム真理教に入った人はいないということだ。
>テロを起こすことは団体の目的ではなく、入信する動機が「この団体に入ればテロが実行できる」と思っていた人はいない。


575 名前:朝まで名無しさん sage 投稿日:2006/06/10(土) 21:55:58 ID:2d0KwXGy
>>566
ていうことは、松永のあの告白録はオウムで流通しているレトリックと
連合赤軍のオサンが書いた呼びかけの、つぎはぎの産物だったってことだ。
あきれたね。
一体何をもって「正直」と評したのか、滝本弁護士は。


576 名前:朝まで名無しさん sage 投稿日:2006/06/10(土) 22:22:20 ID:2d0KwXGy
>>566
じっくり読んだが
松永がこれを単なる「資料」としか読めないのなら、まだまだ洗脳は根強いって
ことだ。統一協会、マルチ商法…それに当たる人が見たら、ちょっと、
来るものがある。

>かつての私は、この傾向が人一倍強い人間で、恋も及ばぬほど熱烈に指導者
>を愛し、忠誠を誓い、この人のためなら死んでもおしくないとまで思って
>いました。

これは確かにビョーキだが・・・誰でもなるんだよね。
のめりこみやすい性質を持つ人は、一方では集中力があり、一方では
ある傾向に没頭しやすい。
そうでない人も、ある条件を継続的に与えられたらこうなる。


606 名前:朝まで名無しさん sage 投稿日:2006/06/11(日) 02:20:04 ID:FFOau92g
>>576
坂口@連合赤軍の場合も指導者を批判できるまでのは10年くらいかかったはず。
獄中から論争をふっかけて、やっと吹っ切れたみたい。

反省の姿勢は坂口達の事件当事者をまねてるのだろうけれど、むしろ連合赤軍事件
を総括しつつ新左翼運動を守るような言葉(かつての指導者や対立していた党派とか)
を参考にしているのではないか、という印象もある。


608 名前:朝まで名無しさん sage 投稿日:2006/06/11(日) 02:54:12 ID:kg4Q17YH
>>606
その辺が。告白のことばさえ自分の言葉で書けないというのが、かなり・・・
>>566で引用されてた言葉を見ると、まんま使われてるので、これを自分の言葉
として告白として書いたのであれば、かなり空虚な心理だなあという印象。
やっぱりまだ全然自分の自我になってないんだろうと。
でなければ、はてダでしてたような、ドグラマグラのパクリのような言葉遊びをわざとしてるか。

個人的には、他人の言葉が無意識にすぐ伝染る人間は、ちょっと生理的に怖い。
まトラウマからだけど(苦笑。



河上イチロー=F氏(オウム信者)=松永英明=きっこ?関係検証12
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1149605710/
PR
無題
投稿者:松永 2006/12/11 10:32 EDIT
パモーチャナ師はよく知っていますが、彼が脱会後は一度も連絡をとったことがありません。
そして、私のスタンスは彼とはまったく違います。

このような憶測は誹謗中傷になりえますよ。
無題
投稿者:倫敦橋 HP 2006/12/11 11:55 EDIT
「教団共通のレトリック」云々の部分でしょうか。
いちおう留意しておきます。
削除のお願い
投稿者:eshek HP 2007/01/24 10:40 EDIT
こんにちは。
トラックバックをお送りしました。2ちゃんねるで松永氏を「検証」してきた人間です。
こちらで引用なさった箇所の2d0KwXGy とkg4Q17YH は私です。

これはこの時点でももともと外に出す予定のものでもなく、あくまで仮説、思考実験でしたが、現時点では松永氏の脱会を確信しております。つきましては、申し訳ありませんが、私の発言部分の削除、あるいは取り消し線をお願いしたいのですが。

まだこの時点の見解をとっていらっしゃるのでしたら、ご自身のことばで書き直していただけませんでしょうか。よろしくお願い致します。
そういう理由では削除できません
投稿者:倫敦橋 HP 2007/01/24 13:24 EDIT
はて? どなた様でしょうか?

と、いうしかないなぁ。
失礼しました
投稿者:eshek HP 2007/01/24 14:26 EDIT
サイトのURLを貼り忘れていました。失礼。
証明はできませんが、書いたのは私です。内容についてご質問して頂いてもけっこうです。
自分の書いた間違った見解を流通させていくわけには行きません。
どういう理由でしたら削除に応じていただけますでしょうか。
行政機関からの命令とか かなぁ
投稿者:倫敦橋 HP 2007/01/24 16:22 EDIT
資料として、当時の「仮説」としても、記録・公開しておく価値があると思っています。
私のレスに行政機関は関係ありません
投稿者:eshek HP 2007/01/24 17:33 EDIT
仮説は展開されてこそ仮説です。
あれから展開はしていませんし、別の方も全く展開していません。そのまま数ヶ月も放置されています。つまり。仮説は証明できなかった、ということです。仕事でしたら廃棄されるでしょう。検証が全く不足したトンデモで、誤解を撒き散らしかねない害毒です。

ご自分の言葉で書き直してくださっていい、書いた本人が翻案して結構ですと言っています。この説をおとりになるならそれで構いませんが、書いた人間としてはこれは雑なメモで、RSSに載せて残すようなものではないと考えています。ご自分の言葉で、ご自分の責任においてなさるなら構いません。
私は別に行政機関とかではありません。あのスレのはじめの方からずっといたスレ住人です。私のことばではなく、ご自分の言葉で発して下さい。
繰り返しになりますが
投稿者:倫敦橋 HP 2007/01/24 19:31 EDIT
「数ヶ月も放置」といわれますが、私にとっては、」まだ数ヶ月しか経っていない、という感覚です。
資料として、当時の「仮説」としても、記録・公開しておく価値があると思っています。
よくわかりません
投稿者:eshek HP 2007/01/24 20:01 EDIT
「価値」というのは?
誤解を招きかねない情報を残しておくのは問題ではないですか。2ちゃんねるならトンデモで済みますが。
こういう仮説があり、証明できなかった、という情報を明確に示して付加しておくならいいですが。
すでに検証は誰もしていない。今後する様子も、批判的に自己検証する様子もない。疑惑が疑惑のまま宙ぶらりんで流通している状況です。疑惑が拡大再生産される可能性も。そういう情報を残しておくのは、松永氏関係なく、問題ではないですか。こんなトンデモ仮説、検証の態をなしていないです。
やるならやるで検証がなされていれば別ですが、それはご自分でなさる検証ではないでしょうか。
ああ、というより
投稿者:eshek HP 2007/01/24 20:05 EDIT
今はこの仮説を支持してらっしゃるんでしょうか。
こんなずさんなものでも?
          
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
ことばと敬意
URL 2007/01/24 10:14
昨年末から今まで、松永英明氏(id
倫敦橋氏との対話、あるいは連邦軍の「検証」について
URL 2007/01/26 06:17
先日からあるデータについて、倫敦橋氏(現id:LondonBridge)との対話を続けてきた。 対話なので終ってから記事にしようと思っていたのだけど、本日倫敦橋氏のブログがいきなり凍結措置になったので、急遽アップすることにした。以下、経過から。 <経過> 該当スレ*1におい
Copyright ©  -- 倫敦橋の隠れ里 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]