忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

出版不況とか、活字離れが話題になる遙か前から、文芸誌の発行部数より新人賞応募作品の方が多かったはず。

町の中小の本屋は潰れていくがブックオフは盛況だったりするし、ネットにはまる人は増え続けているようだから、活字や文字に対する欲求は減ってはいないと思う。

去年の夏頃、アフィリエイトでどれだけ稼げたかで、ちょっと盛り上がっていた。
相当にPVがあるブロガーであっても、せいぜい書籍代とトントンだったかな。
それ以降、アフィリエイトの仕組みを調べるのをのを、やめてしまった。
私が、FC2ブログからアマゾンへ商品のリンクを張る仕組みを覚えたのは、昨年末になってからだった。

いま現在私がネットにつぎ込んでいる労力を金に換えれれば、それは嬉しいけれど、まず無理だろうう。

livedoor Readerの登録数ランキング上位に載って、はてBで定期的に取り上げられるようになれば、少しは考えもするだろうけれど、いまは考えるだけ無駄だな。
そもそも、PVが低空飛行のオーマイニュースネタなんかだと、アクセス数は頭打ちだろうし。
(現在livedoor Readerの登録数145 users 思ったより多くて驚いた)

今書いているのは、藤原新也「黄泉の犬」批判に向けての、長い準備の一つなのだが…
前作の「渋谷」に比べて反響が少ない本でもあり、しかも出版社営業が「オウム関連と帯に書くと売れない」と言っているような本を、出版直後でもないこの時期に論じて、ここのアクセス数が伸びるとは思えないな。

文章を書いて金に換えるには、まだまだネットとは別の回路が必要なのだろう。




前のエントリーで「少女革命ウテナ」に触れたので、テンプレはそれに因んだモノに変更。
PR
          
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
[ネット] カチンとピース:倫敦橋さんエントリについて
URL 2007/01/17 08:22
■ネットで稼げるのか? 私の中で、カチンとピースが嵌った気がするエントリ。 町の中小の本屋は潰れていくがブックオフは盛況だったりするし、ネットにはまる人は増え続けているようだから、活字や文字に対する欲求は減ってはいないと思う。 この辺りについて、私は懐疑的
Copyright ©  -- 倫敦橋の隠れ里 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]