忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東国原知事の「スキャンダル」ということらしい。

「女性問題“そのまんま”?東国原知事の自宅に美女2人お泊まり」
サンスポ 2/26 http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200702/sha2007022601.html

女性問題ただされ憤然=議会で東国原宮崎知事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000039-jij-soci

質問した議員 満行潤一 http://www.mitsuyuki.com/
 私たちは新知事に対して真正面から政策論争を挑んでいきたい。また、知事にも真正面から受けて立っていただきたいと切に願っている。 そのことが、我々県議会に対してはもちろんのこと、新知事に対しても、県民の多くが期待している県政刷新の第一歩だと考える。
http://www.mitsuyuki.com/iken/iken20070122.htm



日本テレビ報道局の新入社員(23)で「NEWSリアルタイム」を担当し、知事の密着取材を続けている「美女」がお泊まりということらしい。

知事の弁明
そのまんま日記 『3ヶ月振り (02月25日 18時41分)』より
http://www.zunou.jp/higashi/diary2.cgi

 昨夜は、僕の部屋に、週刊朝日の記者や雑誌AERAのフリー記者が泊まっていた。宮崎のホテル等、宿泊施設がどこも一杯でとれなかったらしい。「知事効果のせいですよ」と言われれば、泊めるしかない(笑)。
 僕の部屋は色んな人が出入りし、毎日のように誰かが訪問され、時には泊まって行かれる。かなり開かれた、透明性の高い部屋なのである(笑)。 後援会関係者、支援者・支持者の方々、友人知人、マスコミ関係者、政治関係者、全く知らない人(笑)等・・・・・・多岐に渡る。彼等彼女等との語らいや意見交換やコミュニケーションは非常に重要だと考えている。
 
 今後は、部屋に来てもらうだけじゃなく、出来るだけ早い内に県内隅々まで回り、時には相手方に泊めてもらい、様々な人々と意見交換会をやり、コミュニケーション等を深めて行きたいと思っている。
 そういう場面も是非写真に撮ってもらいたいもんだ(笑)。



今回のこの騒動については2重3重に、ものすごく違和感を感じる。

「女性スキャンダル」ではなくて「政治家と記者の距離」問題ではないのか?
テレビ朝日の取り上げ方が、毎度のこととはいえ異様だったこと。 昼の番組で30分ほども取り上げていた。
山本モナ報道とか思い出すし、「ぺろぐり日記」の田中康夫に対しての報道姿勢の差にも違和感を感じる。 田中と勝谷との「癒着」は、ものすごい。

週刊現代は週刊朝日やAERAの記者には取材しないのかな。
2ちゃんねるでは「日テレのハニートラップ・枕営業」という見解がちらほら有るが。


それにしても…週刊現代をソースに、週刊現代の論調で政治を語る(騙る?)奴が増えているのじゃないか?
まさかと思うような人物が現代をソースにしているのに、かなりの違和感がある。

まず2004年の西尾幹二。 Wikipediaに項目が出来ているとは!
小泉訪朝における空白の10分間事件 - Wikipedia
Irregular Expression カテゴリー「西尾幹二騒動」 http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/cat4/


2006年の森ゆう子の国会質問事件
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/821476.html

立花隆は、最近はずっと週刊現代ネタで政府批判をしている
立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」 http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/


2ちゃんねる化するネット・Wikipedia・世論・社会などは、いろいろ論じられているが、「現代化」するマスコミと政治家についても考えなきゃ不味いのじゃないか。



【関連】
芸能ネタじゃないはずだ
http://londonbridge.blog.shinobi.jp/Entry/191/


【追記】2007/3/2

満行潤一議員HPに報告がUPされました

 一般質問が終わりました(2007年2月26日)

 十分な準備ができたとはいえない中での一般質問が本日終わりました。副知事の選任理由、県央一極集中、障がい者雇用、など再質問を入れて20項目におよぶ質問でしたが、注目されてしまったのが、週刊誌の女性宿泊報道と、知事公舎入居問題。本日発売の週刊誌が連日女性が知事宅に泊まったとの報道に対する真偽を質しましたが明快な答えはありませんでした。私は、「全国から注目を浴びる知事がこのような誤解を受ける報道がされると本県のイメージ低下につながるので行動は慎重にしてほしい」と注文しました。また、知事公舎入居については、「住まない方向で検討中」との答弁でしたので、驚いてしまいました。地震や大災害時の危機管理上公舎にしっかり住んでいただきたいと考えています。


「障がい者」という表記が、いかにも社民党だな。
「本県のイメージ低下」ねぇ…  現代の記事をネタに質問の方がイメージ低下ではないのか?
PR
          
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
大林容疑者 DJに"覚悟決めた"!!
URL 2007/05/23 09:24
5月23日の電子新聞(旬の情報ナビゲータ)です!!大林容疑者 DJに"覚悟決めた"!!
Copyright ©  -- 倫敦橋の隠れ里 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]