忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ジァン・モレアス

 賦
 
色に賞でにし紅薔薇、日にけに花は散りはてて、
唐棣色よき若立も、季ことごとくしめあへず、
そよそよ風の手枕に、はや日数経しけふの日や、
つれなき北の木枯に、河氷るべきながめかな。
 
噫、歓楽よ、今さらに、なじかは、せめて争はむ。
知らずや、かゝる雄誥の、世に類無く烏滸なるを。
ゆゑだもなくて、徒に痴れたる思ひ、去りもあへず、
「悲哀」の琴の糸の緒を、ゆし按ずるぞ無益なる。
 
    *
 
ゆめ、な語りそ、人の世は悦おほき宴ぞと。
そは愚かしきあだ心、はたや卑しき痴れごこち。
ことに歎くな、現世を涯も知らぬ苦界よと。
益無き勇の逸気は、たゞいち早く悔いぬらむ。
 
春日霞みて、葦蘆のさゞめくが如、笑みわたれ。
磯浜かけて風騒ぎ、波おとなふがごと、泣けよ。
一切の快楽を尽し、一切の苦患に堪へて、
豊の世と称ふるもよL、夢の世と観ずるもよし。
 
    *
 
死者のみひとり吾に聴く、奥津城処、わが栖家。
世を終ふるまで、吾はしも己が心のあだがたき。
忘恩に栄華は尽きむ、里鴉畠をあらさむ、
収穫時の頼なきも、吾はいそしみて種を播かむ。
 
ゆめ自らは悲まじ。世の木枯もなにかあらむ、
あはれ侮蔑や、誹謗をや、大凶事の迫害をや。
たゞ詩の神の箜篌の上、指をふるれば、わが楽の
日毎に清く澄みわたり、霊妙音の鳴るが楽しさ。
 
    *
 
長雨空の喪過ぎて、さすや忽ち薄日影、
冠の花葉ふりおとす栗の林の枝の上に、
水のおもてに、遅花の花壇の上に、わが目にも、
照り添ふ匂なつかしき秋の日脚の白みたる。
 
日よ、何の意ぞ、夏花のこぼれて散るも惜しからじ、
はた禁めえじ、落葉の風のまにまに吹き交ふも。
水や曇れ、空も鈍びよ、たゞ悲のわれに在らば、
想はこれに養はれ、心はために勇をえむ。
 
    *
 
われは夢む、滄海の天の色、哀深き入日の影を、
わだつみの灘は荒れて、風を痛み甚振る波を、
また思ふ、釣船の海人の子を、巌穴に隠ろふ蟹を、
青眼のネアイラを、グラウコス、プロオティウスを。
 
又思ふ、路の辺をあさりゆく物乞の漂浪人を、
栖み慣れし軒端がもとに、休ひゐる賎が翁を、
斧の柄を手握りもちて、肩かゞむ杣の工を、
げに思ひいづ、鳴神の都の騒擾、村肝の心の痍を。
 
    *
 
この一切の無益なる世の煩累を振りすてて、
もの恐ろしく汚れたる都の憂あとにして、
終に分け入る森陰の清しき宿求めえなば、
光も澄める湖の静けき岸にわれは悟らむ。
 
否、寧われはおほわだの波うちぎはに夢みむ。
幼年の日を養ひし大揺籃のわだつみよ、
ほだしも波の鴎鳥、呼びかふ声を耳にして、
磯根に近き岩枕、汚れし眼、洗はばや。
 
    *
 
噫いち早く襲ひ来る冬の日、なにか恐るべき。
春の卯月の贈物、われはや既に尽し果て、
秋のみのりのえぴかづら葡萄も摘まず、新麦の
豊の足穂も他し人、苅り干しにけむ、いっの間に。
 
    *
 
けふは照日の映々と青葉高麦生ひ茂る
大野が上に空高く靡かひ浮ぶ旗雲よ。
和ぎたる海を白帆あげて朱の曾保船走るごと、
変化乏しき青天をすべりゆくなる白雲よ。
 
時ならずして、汝も亦近づく暴風の先駆と、
みだれ姿の影黒み蹙める空を翔りゆかむ、
嗚呼、大空の馳使、添はばや、なれにわが心、
心は汝に通へども、世の人たえて汲む者も無し。
PR
無題
投稿者:ふりがな付 HP 2006/06/20 03:28 EDIT
 賦(かぞへうた)

色に賞(め)でにし紅薔薇(こうそうび)、日にけに花は散りはてゝ、
唐棣花色(はねずいろ)よき若立(わかだち)も、季(とき)ことごとくしめあへず、
そよそよ風の手枕(たまくら)に、はや日数経(ひかずへ)しけふの日や、
つれなき北の木枯に、河氷るべきながめかな。

噫(ああ)、歓楽よ、今さらに、なじかは、せめて争はむ、
知らずや、かゝる雄誥(をたけび)の、世に類(たぐひ)無く烏滸(をこ)なるを、
ゆゑだもなくて、徒(いたづら)に痴(し)れたる思、去りもあへず、
「悲哀」の琴(きん)の糸の緒(を)を、ゆし按(あん)ずるぞ無益(むやく)なる。

        *

ゆめ、な語りそ、人の世は悦(よろこび)おほき宴(うたげ)ぞと。
そは愚かしきあだ心、はたや卑しき癡(し)れごこち。
ことに歎くな、現世(うつしよ)を涯(かぎり)も知らぬ苦界(くがい)よと。
益(よう)無き勇(ゆう)の逸気(はやりぎ)は、たゞいち早く悔いぬらむ。

春日(はるひ)霞みて、葦蘆(よしあし)のさゞめくが如(ごと)、笑みわたれ。
磯浜(いそはま)かけて風騒ぎ波おとなふがごと、泣けよ。
一切の快楽(けらく)を尽し、一切の苦患(くげん)に堪へて、
豊(とよ)の世(よ)と称(たた)ふるもよし、夢の世と観(かん)ずるもよし。

        *

死者のみ、ひとり吾に聴く、奥津城処(おくつきどころ)、わが栖家(すみか)。
世の終(をふ)るまで、吾はしも己が心のあだがたき。
亡恩に栄華は尽きむ、里鴉(さとがらす)畠(はた)をあらさむ、
収穫時(とりいれどき)の頼(たのみ)なきも、吾はいそしみて種を播(ま)かむ。

ゆめ、自(みづか)らは悲まじ。世の木枯もなにかあらむ。
あはれ侮蔑(ぶべつ)や、誹謗(ひぼう)をや、大凶事(おほまがごと)の迫害(せまり)をや。
たゞ、詩の神の箜篌(くご)の上、指をふるれば、わが楽(がく)の
日毎に清く澄みわたり、霊妙音(れいみようおん)の鳴るが楽しさ。

        *

長雨空の喪(はて)過ぎて、さすや忽ち薄日影、
冠(かむり)の花葉(はなば)ふりおとす栗の林の枝の上に、
水のおもてに、遅花(おそばな)の花壇の上に、わが眼にも、
照り添ふ匂なつかしき秋の日脚(ひあし)の白みたる。

日よ何の意ぞ、夏花(なつはな)のこぼれて散るも惜からじ、
はた禁(とど)めえじ、落葉(らくよう)の風のまにまに吹き交(か)ふも。
水や曇れ、空も鈍(に)びよ、たゞ悲のわれに在らば、
想(おもひ)はこれに養はれ、心はために勇(ゆう)をえむ。

        *

われは夢む、滄海(そうかい)の天(そら)の色、哀(あはれ)深き入日の影を、
わだつみの灘(なだ)は荒れて、風を痛み、甚振(いたぶ)る波を、
また思ふ釣船の海人(あま)の子を、巌穴(いはあな)に隠(かぐ)ろふ蟹(かに)を、
青眼(せいがん)のネアイラを、グラウコス、プロオティウスを。

又思ふ、路の辺(べ)をあさりゆく物乞(ものごひ)の漂浪人(さすらひびと)を、
栖(す)み慣れし軒端がもとに、休(いこ)ひゐる賤(しづ)が翁(おきな)を
斧(おの)の柄(え)を手握(たにぎ)りもちて、肩かゞむ杣(そま)の工(たくみ)を、
げに思ひいづ、鳴神(なるかみ)の都の騒擾(さやぎ)、村肝(むらぎも)の心の痍(きず)を。

        *

この一切の無益(むやく)なる世の煩累(わづらひ)を振りすてゝ、
もの恐ろしく汚れたる都の憂あとにして、
終(つひ)に分け入る森蔭の清(すず)しき宿(やどり)求めえなば、
光も澄める湖の静けき岸にわれは悟らむ。

否(あらず)、寧(むしろ)われはおほわだの波うちぎはに夢みむ。
幼年の日を養ひし大揺籃(だいようらん)のわだつみよ、
ほだしも波の鴎鳥(かもめどり)、呼びかふ声を耳にして、
磯根に近き岩枕(いはまくら)汚れし眼(まなこ)、洗はばや。

        *

噫(ああ)いち早く襲ひ来る冬の日、なにか恐るべき。
春の卯月(うづき)の贈物、われはや、既に尽し果て、
秋のみのりのえびかづら葡萄(ぶどう)も摘まず、新麦(にひむぎ)の
豊(とよ)の足穂(たりほ)も、他(あだ)し人(びと)、刈(か)り干しにけむ、いつの間(ま)に。

        *

けふは照日(てるひ)の映々(はえばえ)と青葉高麦(たかむぎ)生ひ茂る
大野が上に空高く靡(な)びかひ浮ぶ旗雲(はたぐも)よ。
和(な)ぎたる海を白帆あげて、朱(あけ)の曾保船(そほふね)走るごと、
変化(へんげ)乏しき青天(あをぞら)をすべりゆくなる白雲よ。

時ならずして、汝(なれ)も亦近づく暴風(あれ)の先駆(さきがけ)と、
みだれ姿の影黒み蹙(しか)める空を翔(かけ)りゆかむ、
嗚咽(ああ)、大空の馳使(はせづかひ)、添はゞや、なれにわが心、
心は汝(なれ)に通へども、世の人たえて汲む者もなし。
          
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
アカデミー賞について
URL 2007/05/09 22:19
詳しくは......
Copyright ©  -- 倫敦橋の隠れ里 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]