忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネットの祭りでは、それまで知らなかった良質のblogが紹介されるから、そこそこ注目している。 祭りをきっかけにブックマークが増えているなぁ。

ついに新聞にも載る騒動になったので、やっと関連サイトを少しだけ見てみた。

問題のエッセイを読んだのだけれど…
ん〜、そんなに強烈で衝撃的だったのか? そんなに受け入れられない話だったのか?
これほど、皆が熱く語るネタなのか? という疑問が湧いてしまった。

これは「子猫殺し」として流布してるけれど、「間引き」の話だろうと思った。
去勢という手段が有る時代に、あえて間引きという行為を選ぶ心情と、その理屈を語ったエッセイだと思う。
「間引き」が許されない風潮の現代日本から距離を置いた作家が、あえて挑発的に書いてみたくなったのだろう。 その気分が、なんとなくわかるような気がする。

しかし日経新聞に掲載だろう? 3大紙の子供欄に載せたわけじゃなくて、大人の読者向けだし… 
編集部には「間引き」を知っている世代もいるだろうから、問題にならなかったのじゃないかと思う。
なぜ、こんなに騒ぎになるのか…というか、これが騒ぎになる時代なのだなぁと、興味深く思う。

そのうち板東氏の小説を読もうと思う。 ちょっと長い話が多そうなので敬遠してた。

私が面白いと思ったblog 

nucさん:子猫の間引き
http://d.hatena.ne.jp/nuc/20060822/p2

ココヴォコ図書館:衆愚化は子猫の夢を見るか?
http://anotherorphan.com/2006/08/post_369.html

あんとに庵◆備忘録:坂東さん、批判にさらされるの巻
http://d.hatena.ne.jp/antonian/20060822/1156251840

uumin3の日記:子猫を殺すこと
http://d.hatena.ne.jp/uumin3/20060822#p1

佐藤亜紀さんの日記
http://tamanoir.air-nifty.com/jours/2006/08/2006823.html
PR
          
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
親近感
URL 2006/08/28 11:44
偉大なる坂東眞砂子さんに親近感。 みんなが「なんでこんなことをわざわざここで?」って 首を傾げるようなことを 場を与えられると思わず言っちゃう「黙ってられない体質」。 私の人生、何度コレで「しまった!」をやっちまったことか。 たぶん一生治らないと思うよ。 壕
Copyright ©  -- 倫敦橋の隠れ里 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]